"妄想ノートなラクガキ帳

kritaのブラシカスタマイズについて

練習 krita

コメント:4 TB:0


kritaでブラシカスタマイズをやってみようと思い立ち、検索してもあまり詳しいサイトはすぐには見つからなかったため、とりあえずネタと備忘録を兼ねて書いておきます。ちなみに、いまだにkritaはver2.8です…そろそろ、ubuntuごとバージョンアップしたい気もしたり。

さて、そのkritaのカスタマイズダイアログは実に込み入っており、初見では何がなんだかわかりません。
自分も一年前に入り抜きブラシのようなものを作ったはずですが、すっかり忘れておりました。
やはり、未来の自分のためにも、詳細な備忘録が必要と感じましたので、ここに記しておきます。

krita1_2.png

ブラシ編集の方法


上の画像にあります通り、このEdit brush settingsを押してブラシ設定の編集に入ります。なお、バージョンやカスタマイズによってボタンの位置や名前が多少違うかもですが…とにかく「Edit brush settings」を探してください (^^;

ブラシ種類ペイン


左ペインにおおまかなブラシの種類分けがあります。これは個別のブラシ(ブラシプリセット)ではなく、さらにその上位の概念です。
「Stable」と「Experimental」がありますが、Stableは安定的、つまり開発も成熟段階を迎えてほとんど変更が無いブラシ。
Experimentalは実験的、まだまだ大幅に変更があったり、無くなってしまう可能性すらあるブラシです。
通常はStableのPixel Brushで良いと思われます。ほとんどのブラシプリセットはこの集合に含まれます。
その他は特殊ブラシと考えておいていいでしょう。


ブラシプリセットの編集


通常我々がブラシと呼んでいるものは、kritaにおいては正確には「ブラシプリセット」であり…ブラシの中の1つのプリセット設定と考えるべきもののようです。

Brush Tip


Tipとは先端の意味であり、ブラシ形状を定義する設定です。最も重要な設定です。
基本的な丸や四角のような形状はAutobrushですが、
柔軟なカスタマイズを必要とする場合、Predefined BrushやCustom Brushを選ぶことで、ブラシ形状をビットマップで設定できます。
Predefinedは既にある画像やgimpパイプブラシ(*.gih形式)などのファイルを登録するタイプ。フォルダボタンを押すことで、既存の画像ファイルを登録することができます。
Customは現在kritaで描画中の絵を直にブラシにするというタイプです。
なお、前景色を反映させるには、8ビットモノクロ画像である必要があります。この時、白さ=透明度となります。

下にある3つのゲージ、Sizeは基本サイズ、Rotationは基本角度、Spacingはブラシの連続性です。
最も重要と思われるのはSpacingであり、ブラシの間隔を指定します。
0.0〜1.0でビットマップのサイズを0%〜100%で表現します。ビットマップを超えるサイズ = ブラシがとぎれとぎれに置かれるような感じにしたい場合だと、2.0とか3.5とかになるわけです。
連続した滑らかなストロークを再現したいときは0.05とかそんな感じにして密度を上げます。

これらは固定基本設定としてのサイズ・角度・間隔であり、この後、カーブを用いてデバイスやストロークの動作にマッピングすることで、その基本設定からの変動を設定することができます。
たとえば筆圧にサイズをマップすると、強く押すほどサイズが基本設定に近くなる(=基本設定を最大サイズとして変動する)ように変更される、という挙動を設定できるわけです。

Blending Mode


レイヤーのブレンドモードと同様であり、乗算やオーバーレイなどの特殊効果をブラシに設定することが出来ます。



その他、オプションの特性


その他の特性は、デバイスやストロークの動きにマップするようカーブ(グラフ)を設定することで、挙動を制御できます。カーブを割り当てられる諸要素については、後ほど説明します。

Opacity以外は、ブラシ設定ペインのチェックボックスにチェックを入れないと、どんな詳細設定でも無視されます。なんだか操作性が統一されてない気分ですが2.9とかだと違うのかなぁ…

Opacity 透明度。これはチェックボックスの欄がなく、デフォで設定が有効。
Size サイズ変化
Spacing ブラシ間隔の変化
Mirror ?
Softness エッジの柔らかさ…?いまいちわかりません。
Sharpness 有効にすると、ピクセルが立った2値ブラシになります。Thresholdはグレースケールのブラシのどんな灰色を黒と見做すかのしきい値。
Rotation ブラシパターンの角度
Scatter いわゆる「散布」

カーブを使うことで、これらの変化をペンタブやブラシの動き自体で制御できるようになるわけです。

カラー設定


カラー設定は描画するブラシの色を設定するためのものです。

Source


色ソースを設定します。
Plain color 普通の前景色
Gradient グラデ。デフォルトでは前景色→背景色が設定されている。
Uniform Random ブラシをランダムな色で描画
Total Random ブラシの描画ピクセルごとに完全にランダム。ブラシがノイズで埋まっているような表現となる。
Pattern パターンをソースにする。パターンの原点は固定されているので、模様が均一に並ぶ。
Locked Pattern パターンをソースにするが、ブラシストロークごとに原点が追従するので、模様はストローク毎にズレる。なんだかLockとそうでないのが逆の気がしますが、おそらく、「ブラシストロークごとに原点が新たにロックされる」と考えるべきなのでしょう…

Darken,Mix,Hue,Saturation,Value


文字通りなので、省略。

Airbrush


この設定にはカーブが存在しません。Rateゲージのみです。

エアブラシとしての挙動を示すようになります。マウスボタンを押しっぱなしにしていると、時間とともに濃さが増すような感じです。流量はRateゲージで設定。

painting mode


ストローク中で重ね塗りをするかどうか…のようなのですが、今ひとつ理解できず…orz

Texture


読んで字の通りストロークのテクスチャですが、まさに読んで字の通りのため省略

Curveによるマッピングについて


OpacityやSize,Spacing,Mirror,Rotation等、Use Curveにチェックを入れると、ペンタブの筆圧や傾き、その他ブラシストロークの動きの速さ等に応じて変化するようにカスタマイズできます。
これはカーブ(グラフ)の形状を編集することで調整でき、右上がりならば、例えば筆圧なら「強く押せば押すほど濃く」なるようになります。逆に右下がりならば、強く押すほど薄くなる不思議なブラシになります。
カーブなので、山型にしたりも可能です。

kritacurve1.png

Pressure ペンタブのスタイラスの筆圧です
X-Tilt ペンタブのスタイラスの横方向の傾きのようです。CTH-680では反応してくれず…スペックとしては対応しているようなのですけどね。
Y-Tilt ペンタブのスタイラスの縦方向の傾きのようです。
Ascension (;゚Д゚) まったくわかりませんな…どうも、Intuos Pro系のデバイス向けのようですが…
Declination これまたよくわからず…
Speed ブラシ描画の速度に応じて変化を付けます。
Drawing Angle 描画方向に応じて変化します。ペンをキャンバス右下に進めるのと、左上に進めるのとでは逆方向の効果となります。完全に逆になるのは0度(ストローク最初の水平左)と359度(水平左の僅かに下)のようです。カーブで山型に調整すると、シームレスになる感じです。
Rotation どうもスタイラスの「ひねり角度」のようですが、廉価なCTH-680では反応しませんでしたので未検証。
Distance 描画距離に応じて効果を出す、のようですが、物凄く短い周期で変わるようでイマイチよくわかりません…
Time 描画時間に応じて効果を出します。
Fuzzy ファジーというか、ランダム効果です。グラフはランダム効果の幅を設定するのに使用できます。たとえばサイズで0から100%だと、場合によってはものすごく小さくなってしまい使い物になりません。そこで、50%から100%などと幅を狭めてやれば、適度なランダム性をもたせることが可能になります。
Fade 描画開始からの距離に応じて徐々に変化する効果です。Distanceとは違い長い距離で反応します。一般的な「距離に応じた効果」というなら、こちらのほうがDistanceよりあてはまるかも。
Perspective パースグリッドではなく、「パースルーラー」(パース定規)に反応します。なお、ブラシのツールオプションで「Assistant」にチェックを入れる必要はありません
Tangential pressure Intuos Pro系の、ホイールやエアブラシ(KP-400E等)といったデバイスに対応するものらしいです。持ってないしCTH-680には対応しないので未検証。

右の空白ペイン(Scratchpad)について


右の空白ペイン(Scratchpad)は試し書きエリアでもありますが、この薄い灰色の四角枠の中は「ブラシのアイコン」であります。
Overwrite Presetボタンを押した時、この四角枠の部分の画像に変更されます。
カスタマイズされたブラシを判別できるよう、ここでそのカスタムブラシの特徴的な絵を描いておけば選択時に実に簡単に選ぶことができます。

ここで注意しなければならないのは、あらかじめ名前を変更しておかないとOverwrite Presetで元々のブラシが上書きされてしまう点です。
大抵の場合、もともとあるブラシを借用して少し変えてみる…のが通常のカスタマイズの流儀と思われます。
事故防止のため、最初に名前を変えてしまうのがオススメです。

なお、Overwrite Presetで保存しなくても編集した設定を今すぐ使って試すことはできますが、保存しておかないと次回起動時には消えてしまっています。

実際に作ってみた・その1


とりあえず雲用ブラシのベタフラッシュを作りました。これは「アニメで見た空と雲のある風景の描き方」(ナツメ社)で知った、「アナログでベタフラッシュを自分で描いてスキャンしてカスタムブラシにする」手法のものです。なお、既に漫画用のインクなど持っていないのでぺんてるエフ水彩で作成しました…

ちなみにubuntuのkrita 2.8.1では、たとえkritaから吐いたpngであろうとも、グレイスケールであろうがRGBであろうが、pngで読み込むと何故か確実に失敗しますので、gimpでgbrファイルにして読み込むという…何なんでしょうかねぇ。

まぁ、愚痴はともかくやってみました。描き味としてはなかなかです。

cloud_test.jpg

そして、自作のブラシで木を描き足してみたのですが…これがまた壊滅的にダメ
トップ絵のイイカゲンな木というレベルじゃない変なものが出来ました。
不慣れとは言え、あまりにもこうなんというか、現実というものを突きつけられると、困ったな〜という感じでした。

それでいろいろやっていて、最初から添付されているPredefined Brushesの中に「LIF_Foliage_Brush_01」というものを発見したので、それを使うことにしました!

なお、その他パラメータは
Spacingは0.65
SizeはPressureとFuzzyで、70-100%のレンジに。
RotationはとりあえずDrawing Angleで、0度ー180度ー0度の山型に。
ScatterをFuzzyで50-100%のレンジに。


というようにしてカスタムブラシを作成して描いてみました。
なお、暗部と明部でレイヤ分けして、アルファ値をロックしてエアブラシで軽く中央部など暗くしてグラデっぽくしました。

cloud_test2.jpg

うーむ、ずっと木っぽくなりましたな〜
これ、gimpにも欲しいんで、なんとかしてパクることにしますw
まぁ今回は即席なのであれですが、多分このまま慣れると木だけがオーバークオリティという状況もありうるので、自分の絵柄にあったヘタレ葉+枝みたいのを、このLIF_Foliage_Brush_01を参考に作っていきたいです。
スポンサーサイト

コメント


とろろ LD4PPtsI 2015/06/28 10:39

編集

おおお~!
木と雲のクオリティがすごいです!
Edit brush settingsを見てみたら、Leafだけで何種類もありますね!
これは、おもしろくなってきました!
最後のイラストを背景に夏服ブラウスのお嬢さんもいいかもしれませんね。


モブ沢ドト彦 XhjZDywY 2015/06/28 16:04

編集

とろろさんへ

> おおお~!
> 木と雲のクオリティがすごいです!
> Edit brush settingsを見てみたら、Leafだけで何種類もありますね!
> これは、おもしろくなってきました!

葉なのですが、どうもイマイチアニメの背景っぽくならないのですが、コレはコレでアリかなぁ〜と思ってます(^^)
でも多分、これに似せた「アニメ背景っぽい葉」を自作できれば、行けるのではないかと想像しています。

> 最後のイラストを背景に夏服ブラウスのお嬢さんもいいかもしれませんね。

おおっ!それはいいですね!
しかしアオリ構図になるのが若干厳しいデス…(^^; 練習しなくてはっ

荒ぶるプリン - 2015/07/03 01:03

編集

青空と雲の夏感がすごい出てますね
さらに木もプラスでなんとなくこの下で
日陰でお昼寝とかしてみたいですね

風でささ~っとゆれて木漏れ日っぽくなって気持ちよさそう

モブ沢ドト彦 XhjZDywY 2015/07/03 22:04

編集

荒ぶるプリンさんへ

> 青空と雲の夏感がすごい出てますね
> さらに木もプラスでなんとなくこの下で
> 日陰でお昼寝とかしてみたいですね
>
> 風でささ~っとゆれて木漏れ日っぽくなって気持ちよさそう

お褒めいただきありがとうございます(*^^*)
まぁ今回はグラフィックソフトの機能によるところも大ですが…ガンバって今どきのアニメみたいな背景を自分の絵に付けたいなぁ〜と思っております。
あと、海も描けるようになってみたいですね〜
そうすれば水着の背景に出来るわけです!(^^)

名前
メールアドレス
URL
パスワード

トラックバック


トラックバックURL :

モブ沢ドト彦(dothiko)

ブログ主:モブ沢ドト彦(dothiko)
@dothiko

当ブログについて (←いわゆる「最初にお読みください」というヤツです)

このfc2ブログをお絵かき専用ブログに再編するにあたり、ハンドル名ではなくペンネーム「モブ沢ドト彦」を名乗ることに致しました。今後はプログレッシブに生きていこうと思います。基本的にお絵かきは毎週土曜日更新(予定)、その他のネタは不定期という事にしています。
amazonアソシエイトに参加することにしました。
年齢は特に明示しませんが
* おっさんです *

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ユーザータグ

FC2Ad