"妄想ノートなラクガキ帳

「ややクオリティの落ちる葉っぱブラシ」を作りました

gimp

コメント:2 TB:0


七夕絵のときにも書きましたが、「ややクオリティの落ちる葉っぱブラシ」を作りましたので、備忘録的に書いておきます…

なぜクオリティを落とすのか?


kritaにデフォルトでかなりクオリティの高い葉っぱブラシが入っているのですが、これはこれで問題が…
それはつまり「背景が目立ってしまう」事です…
さらに、幹はブラシでどうにもなりませんので、幹とのクオリティ差も目立ってしまいます。
そこで考えたのが「似たようなものを自分で描けばクオリティを揃えられるのではないだろうか?」という事でした。

そして今回はgimpでの設定を紹介します。まぁ、kritaはもっと楽に出来ましたが、また今度ということでw

葉っぱブラシとツールプリセット



circleleaf1_normal.png

これがその葉っぱブラシであります。
実に、実にイイカゲンでありますが、基本的に縮小しまくって使うものですので、中途半端なコダワリはあんまり意味がありません…それこそ、krita添付の、写真から生成したっぽいハイクオリティな奴なら別ですけどね(^^;

このpngをgimpの「画像」→「モード」→「グレースケール」でグレースケールに変換し、gbr形式で間隔は40程度としてエクスポートします。
エクスポートしたgbrファイルは、$HOME/.gimp-2.8/brushes/に置くのですが、windowsだとどのディレクトリに入れるのか、正直知りません(^^;
多分、C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\My Documentsの何処かにgimpの設定ディレクトリがあると思われますが…スミマセン…

また、kritaではブラシを作ればそれがもうブラシプリセットを意味するので、問題ないのですが…
gimpの場合、若干原始的なシステムであるため、これだけでは済まず、「動的特性」を自作し、さらにその動的特性とブラシとペイントツールを一度に設定してくれる「ツールプリセット」を作成するという、いくつかの手間が必要になります。

まぁ、kritaのブラシプリセットと同じようなものです。
しかしkritaは最初からブラシプリセットが強制ですから、kritaを使うには最初から慣れざるを得ず問題ないのですが、gimpのツールプリセットは後から付けられた概念らしく、昔からgimpを使ってた人は存在すら知らない人も居るかも知れません(例:去年のワタクシ)

また、gimpには最初からものすごく多くのツールプリセットがデフォルトで付いてきています。
しかしながらこれはほとんど役に立ちません(^^;
多すぎて単に使いづらいだけになっています…
よって、オイラの場合/usr/share/gimp/2.0/tool-presetsをリネームして全て実質的に消去し、自作のものしか使わないという荒行を行っています。

動的特性の作成


まずはツールプリセット以前に、動的特性を自作せねばなりません。

ここでは"rotation for leaf"と命名した、葉っぱブラシ用の動的特性の作成方法を紹介します。
なお、動的特性にしろツールプリセットにしろ、名前には日本語も使えると思いますが、IMEを起動するのが面倒なので基本、英語にしています(^^;

動的特性の新規作成は「描画の動的特性」ダイアログ(タブ)から行います。

shot_150714_528449_9682.jpg

このアイコンテーマスタイルでは、鉛筆の右にある白いノートみたいなアイコンが新規作成ボタンです。
これを押すと、新しい動的特性のダイアログ(タブ)が開きます。
この時、まず真っ先に名前を描き換えることをおすすめします(^^)
なお、後に説明するツールプリセットとは異なり、動的特性にはセーブボタンは存在せず、設定編集とほぼ同時に自動保存される模様…そのへんの操作性は、統一してもらいたいものですが。

shot_150714_649967_7452.jpg

このようにチェックを入れます。サイズと透明度を不規則(=ランダム)。角度を方向に設定します。
サイズと透明度をランダムにするのは、あんまり揃っていると如何にも不自然だからです…しかし、これをデフォルトのままにしておくと、トンデモなく小さいサイズから現在のブラシサイズまでの間でランダムということになってしまいます。
そこまで差異があるとむしろ不自然であるため、グラフをいじって改変します。

「対応状況の一覧」のコンボボックスをクリック。そして、不透明度やサイズなどを選んで、それぞれ変更します。
まずは不透明度。水色の「不規則」のところを選んで、最初は0から始まっているグラフの始点を上にあげます。
だいたい80%〜100%ぐらいでしょうか…こうすることで、不規則に変化する不透明度の範囲を制限できます。

shot_150714_208872_0657.jpg

同じことをサイズにも行います。サイズ変化もお好みで。やっぱり、80%〜100%ぐらいが自然に見えるところでしょうか。

あと方向というのは描画方向のことで、デフォルトの右肩上がりの設定だと、このようにブラシを時計回りに動かすと360度回転します。これを利用して葉っぱを横に描いたりするわけです。

direction.jpg

この赤いブラシのように回すと、360度回るのですね。
360度回したいので、回転はデフォルトの0-100%で、グラフは放置でよいです。

実際の使い方としては、ペンタブのペンを空中で回しつつ、描きたい角度の時に筆圧を与える、という描き方になります。ある程度はグシグシとブラシを震わせても、それなりの形になります。

これで、用意は出来ました。が…

毎度毎度「ペイントブラシを選択→丸いブラシから葉っぱブラシに変更→動的特性を変更→さぁ描くか!」なんて、やってられません。
そこでツールプリセットです。

ツールプリセットの新規作成



まずツールパレットでペイントブラシを選択し、葉っぱブラシや動的特性を予め設定しておきます。この時のサイズも記憶されるため、一番使いそうな50pxぐらいにしておくのがよいでしょう。この画面キャプチャ、間違えて20pxの時にキャプってしまいましたが、面倒なのでそのままでw

shot_150714_067402_3508.jpg

そしてツールプリセットダイアログの、左から2つ目の新規作成ボタンを押してツールプリセットを新規に作成します。

shot_150714_835871_7097.jpg

新規作成ボタンは、動的特性の時とおなじですね。
ツールプリセット設定は、「ブラシを適用」と「動的特性を適用」だけにチェックし、後は解除にしておきます。

shot_150714_032646_8520.jpg

この時、忘れちゃいけないのがダイアログ下部にある、いかにも目立たないハードディスク型のアイコン。セーブボタンです。
これを押さないと設定が保存されません。

動的特性とは違うので注意しましょう。トラップですねこれは…

名前は何でもいいのですが、とりあえず「leaf anime circle」ということにしておきました。英語とも言えない単語の羅列になりましたが、実用段階に達した所で日本語で書き換えると、ひと目でどのプリセットが実用に達しているのか分かる…というメリットもあります。

さてこれでようやく実用段階に入りました。
ちなみにワタクシ、その他三角ブラシなどもツールプリセットで登録し、gimpをkrita的な使い方で使っております。

実際に描いてみる


そんなわけでやってみます。

まず適当に暗い緑色で丸を描くようにぐるぐるブラシを回し、それっぽい雑な形にして、それから別レイヤで明るい緑色で少しだけ描き、光が当たっているのを表現します。
この二色の状況がこれ。

treebase2color.jpg

なかなかよくないですか?

そこからさらに、透明度ロックしてエアブラシで暗い緑色レイヤにさらにもっと暗い色を被せてランダムなグラデっぽくして雰囲気を出し、明るい緑色レイヤもさらなるテカリを入れたり、下側はちょっと暗くしたりなどしつつ、さらにこの2つのレイヤの間に幹のレイヤを入れ、適当に描くと…

tree.jpg

おおっ!なんか木のような雰囲気が!…してるといいなぁ(^^;
まぁ、真面目な木としては問題アリでしょうが、注目を浴びてはいけない適当な背景向けとして、この方向性で行こうと思っています。

それでトップ絵の木も描き直してみたのですが、少し色が濃くなりすぎたか…という気がしなくもないというか。
まぁ、当ブログのモットーはプログレッシブ、常に工事中であります。
ある日突然、淡い色に変わっているかもしれません。

しかし見比べてみると、その前に使っていた自作の適当ブラシも印象派というか、雰囲気的にはさほど悪くなかったかもしれない…と思ったりもして(^^;
というか、白樺の葉っぱっぽかったですね。オイラは白樺が好きなので、アレはアレでまた取り組んでみようかと。
スポンサーサイト

コメント


荒ぶるプリン - 2015/07/17 01:04

編集

なかなかそれらしい雰囲気がしますね
葉の感じとか濃い部分とのバランス
木と合わせた時の一体感

公園とかの隅とかに生えてそうな木ですね
そこの日陰で眠りたい

モブ沢ドト彦 XhjZDywY 2015/07/17 20:44

編集

荒ぶるプリンさんへ

> なかなかそれらしい雰囲気がしますね
> 葉の感じとか濃い部分とのバランス
> 木と合わせた時の一体感
>
> 公園とかの隅とかに生えてそうな木ですね
> そこの日陰で眠りたい

そう、まさに公園の隅!それです!
それを目指しておりました!そう見えたのでしたら実に嬉しいです(*^o^*)
あと校舎の横とか、駅前とか、アパート/マンションの駐車場とか、通学路の家の庭とか。
そういうのをそれなりのクオリティで秒速で描きたいのですね…

名前
メールアドレス
URL
パスワード

トラックバック


トラックバックURL :

モブ沢ドト彦(dothiko)

ブログ主:モブ沢ドト彦(dothiko)
@dothiko

当ブログについて (←いわゆる「最初にお読みください」というヤツです)

このfc2ブログをお絵かき専用ブログに再編するにあたり、ハンドル名ではなくペンネーム「モブ沢ドト彦」を名乗ることに致しました。今後はプログレッシブに生きていこうと思います。基本的にお絵かきは毎週土曜日更新(予定)、その他のネタは不定期という事にしています。
amazonアソシエイトに参加することにしました。
年齢は特に明示しませんが
* おっさんです *

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ユーザータグ

FC2Ad