"妄想ノートなラクガキ帳

01/26

2014

ゲシュタルト崩壊のお知らせ

お絵かき

コメント:4 TB:0


久々に、大崩壊 (´・ω・`)

という感じでしょうか。
お絵かき中に、以前より書きためてあった考察ノート(古い方)をふと見てみたら。
それなりにかけていたはずの絵が

なんじゃこりゃあああああああああああっ

と言うような、まるで狐か狸にでも騙されたかのような歪んだ絵に「なっている」ことに気づきました。

以下、ゼーガペイン第三話よりキャプチャ引用〜

shot_140126_180145_7256.jpg

じゃあどうしろと(困惑)



ところで一応ゲシュタルトとは何かと申しますと、ぐぐればわかると思いますが…

人間の脳は文字や人の顔などをそのまま要素毎に解釈するのではなく、そのパーツの集合である構造を総合的に重み付けをして統合した印象で判断しているようです。
ちなみに以前読んだ本によると、顎の形状が結構重要らしいのですね、これが。口を隠しても顎の形状で判別されるとか。

それで、つまりパーツの構成が一部歪んでいても、「これはxxさんの顔だ」「これは『普』という文字だ」というように脳内で補正して印象として受け取るようなのです。
これがどうも心霊写真等の、茂みやシミが人の顔に見える現象の一因であるようです。

この補正・解釈機能が発揮される「構造」をドイツ語で「形態」を意味するゲシュタルトといいます。


しかし、何らかの理由でその補正・解釈機能が阻害されると、今まで見えていたはずのxxさんの顔が違うモノに見えたり、漢字がその字に見えなくなったりします。
この状態をゲシュタルト崩壊と呼ぶわけです。

それでおいらの場合はそれが絵にも波及しており。
おいらの場合、絵も、実は絵を描いているのではなく頭に認識されたパターンを描いている、いわゆる左脳で描いている状態で、ゲシュタルト補正が正常に行われている場合は歪みが補正されてしまい、歪みや異常な形状・配置に気づかないのではないか、と推測しております。
文字と似たような現象を起こしている点からも、多分こういう事でしょう。

まぁ要するにおいらはちゃんと「絵」を描けていない、なんというか…「図」でしょうかね。あるいはただの習字の変種というか。宮崎駿さんの言い方で言えば観察できていない。よろしくない状況だと。


その補正の為にフリーハンドで正円を描くのを毎日やっていたんですがねぇ…まぁ、実は正円を描くのってそれだけで楽しいんですけどねw

もしかして逆に、おいらの脳のゲシュタルト補間機能は常人の数倍なのではないかと疑い始めました。
弱かったら常に完全崩壊状態になる筈ですからむしろ絵はうまくなる筈。
強すぎる補正ゆえ大きく歪んでも気づかない → どんどん蓄積していく、と。
そして絵の描き過ぎ=パターン認識のしすぎで脳がギブアップしたときにゲシュタルト崩壊が起き、「真の姿」が現れる、と。
そうとしか考え様がない…

では、「常にゲシュタルトを崩壊させていればいいのではないか」…と思わなくもないのですが。
しかし、ゲシュタルト崩壊時に修正したり描いた(正常に見える)ものは、ゲシュタルトが復活したときに異様に見える不思議。
もしかすると、崩壊にもレベルがあって完全崩壊に至らない状況が一番問題なのかもしれません。


まぁ今回面白かったのは、ゲシュタルト崩壊時でも以前同様に見える絵も一部あった、という事です。
これは十数年前の崩壊時には見られなかった現象。
そして崩壊した絵はどれも、チョコマカと手直ししている。
その辺に何か理由がありそうな気がしています。
該当する絵は今後の研究材料として保存しておくことにしました。

いや〜、しかし、自分でも随分タフになったような気がしますね。

以前ならちょっとこれは落ち込んで寝込みそうなところですが。
絵もシュレッダーで始末してしまうところですが、今回「待てっ!これはゲシュタルト崩壊を証明する証拠になるぞ!」と思えたのは良い事であったと思います。

それにこの絵を見て異常と思わない時は、すなわちゲシュタルトが崩壊していないというリトマス試験紙的なものにもなる気が!



さて、当ブログにたどり着いてしまった方の中には
じゃあ参考までに、その症例を見せて欲しい、と思われる方もおられるかもしれませんが…

もうね、下手すぎて死にそうとかそういうレベルじゃないんで…

以前、「統合失調症患者の描いた絵」とか言うのがネットで話題になったことがあります。
アレに近い。
これは酷いと笑うというより、「うっ…」と絶句してしまう感じ。

無論、おいら的にも非常に恥ずかしいとかそういう事もありますが

ちょっとこれは見た人に精神的なダメージを与えそうだ


という訳で、せめておいらの気持ちの整理が付くまでは勘弁してくださいw

ちなみに考察ノートには各ページに描いた日付を付けており、該当は2013/8/22と2013/12/12の絵でした。
他にもここまで酷かったか?と思う絵もいくつかあったんですが、それらは単に下手というだけの話。
ちょっとこの2つはレベルがずば抜けていたのです。
なにしろ、以前の印象とあまりにも違いすぎたので…アレほど酷ければ普通、さらに手直しか廃棄している筈ですからね。狐につままれた感が半端ないという。

ということは、おそらく今までこのブログで公開した中にも同様のヤバイ物体があったかもしれません。
偶然見てしまいちょっと精神ダメージ食らった方はすみませんでした… m(__)m


スポンサーサイト

コメント


くまりーた pIcqbEt. 2014/01/26 21:28

編集

けっこう来ますよね、アレ(笑)
でも意外と、第三者が見ればたいしたことが無かったりして。
(アニメ絵の技法だって、興味の無い人が見れば崩壊物らしいし)

私は以前、訪問先のお絵描き掲示板に残してきた絵がゲシュタルト崩壊モノだと後から気がついて、「ぅわあぁぁぁ・・・」となった事がありました(;´д`)

とろろ LD4PPtsI 2014/01/27 00:17

編集

はい。このお話、強く実感しています。
自分の脳内で強い補正をかけているので、描いた直後は気付かないんですよね。
時間を置いてチェックすることも試しますが、描いた絵を左右、ひっくり返したチェックもします。ひっくり返すと、まったく違ったものに変化していて、毎回、ショックを受けています。
でも、くまりーたさんのコメントにあるように、第三者は、「どこがおかしいの?」と言うんですよね...

毎回、身もだえしつつも、むしろ、タフに崩壊にどっぷり浸りながらモチベーション上げて描いちゃっています。それが、他の人にどのように見えているか、気になるのですが、結局、よくわからないです。

dothiko - 2014/01/27 00:18

編集

> けっこう来ますよね、アレ(笑)
> でも意外と、第三者が見ればたいしたことが無かったりして。
> (アニメ絵の技法だって、興味の無い人が見れば崩壊物らしいし)

そ、そうなのかもですけどね…普通は…
実を言うと、ゲシュタルト崩壊状態で某有名ネットゲームの広告を見ると、なんだかキャラの右目が大きい気がする…みたいな事はあったりしたのですが、

しかし今回に限り、そういうミス程度のものとはレベルが違う自信があるのです!
(悪い意味でw)

できれば「はっはっは、今は大丈夫だけどちょっと前はね…」という文脈で公開したいところですが
これを出せばさらにタフになれそうな気がするのでした(`・ω・´)

それにしても何が正しいのか分からない状況はキビシイです。
やっぱり無理をしたらアカン、と、岩波書店の「老子」を再度読みふけってみたりしております(´・ω・`)

> 私は以前、訪問先のお絵描き掲示板に残してきた絵がゲシュタルト崩壊モノだと後から気がついて、「ぅわあぁぁぁ・・・」となった事がありました(;´д`)

アレが自分の手が届かないところで炸裂すると、辛いですね…

dothiko - 2014/01/27 20:13

編集

おわっ、昨日おいらがコメントを書いている間にとろろさんからコメントを頂いていたんですね!
ほんの1分差とは…お返事遅れましてすみません m(__)m

> はい。このお話、強く実感しています。
> 自分の脳内で強い補正をかけているので、描いた直後は気付かないんですよね。
> 時間を置いてチェックすることも試しますが、描いた絵を左右、ひっくり返したチェックもします。ひっくり返すと、まったく違ったものに変化していて、毎回、ショックを受けています。
> でも、くまりーたさんのコメントにあるように、第三者は、「どこがおかしいの?」と言うんですよね...

確かにyoutubeで描いてみた系の動画とか見ても、やはりみなさん途中でひっくり返してチェックされていますね。
おいらもアナログでは裏から透かして見たり、デジタルでは水平反転などやってはいるのですが、ゲシュタルト崩壊時はむしろ、ひっくり返してもひどさがイマイチ分からないことがあります…
そういう時は、なんかおかしい気はするのですが、どうおかしいのかが分からない感じで。
それでじーっと見てるとなんだか片方の目等が傾いてたり小さく見えてくるんで、多分ここで分かったかのような気になって、直すのがいけないのかもです。
(そしてこの状況下で過去絵を見ると、うがあああ〜ってなります。そしてさらに次の日、昨日イケてたはずの「新しい」絵を見ると、そっちのがむしろ酷かったり…)

今日、先日おかしく見えた絵を見てみたら、片方は「結構歪んでるけど、あの時受けたほどのインパクトはない…?」という感じでしたが、もう一方は相変わらず掛け値なしに酷かったので、これは「崩壊殿堂入り」ですw

> 毎回、身もだえしつつも、むしろ、タフに崩壊にどっぷり浸りながらモチベーション上げて描いちゃっています。それが、他の人にどのように見えているか、気になるのですが、結局、よくわからないです。

結論としては多分、自分を信じる他ないというか、気にしないのが一番のような気がします…

たとえていえば、モニターのカラーマッチングと同じというか。
あれも、プロ用のキャリブレーターで気合入れて補正しても、見る方のモニタは一般用なわけで、というか下手するとコテコテ彩色のテレビで見てたりしますからね…

あともう一つの考え方としては、どんどん描いて次の作品を上げて「上書き」していったほうがいいかな〜と思ったりします。

名前
メールアドレス
URL
パスワード

トラックバック


トラックバックURL :

モブ沢ドト彦(dothiko)

ブログ主:モブ沢ドト彦(dothiko)
@dothiko

当ブログについて (←いわゆる「最初にお読みください」というヤツです)

このfc2ブログをお絵かき専用ブログに再編するにあたり、ハンドル名ではなくペンネーム「モブ沢ドト彦」を名乗ることに致しました。今後はプログレッシブに生きていこうと思います。基本的にお絵かきは毎週土曜日更新(予定)、その他のネタは不定期という事にしています。
amazonアソシエイトに参加することにしました。
年齢は特に明示しませんが
* おっさんです *

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ユーザータグ

FC2Ad